大阪大学大学院工学研究科 電気電子情報通信工学専攻 量子情報エレクトロニクス部門 創製エレクトロニクス材料講座 マテリアルイノベーション領域

2022.07.14

第35回(2022年度)独創性を拓く 先端技術大賞の授賞式が、高円宮紀久子さまをお迎えし、東京・元赤坂の明治記念館で開催されました。
15日の産経新聞1面と9面で、高円宮紀久子さまのお言葉と一緒に掲載されました。

2022.06.15

豊田合成株式会社と大阪大学が 第28回半導体・オブ・ザ・イヤー2022の半導体用電子材料部門で優秀賞を受賞しました。 対象の開発名:6インチを超えるバルクGaN結晶の大口径化技術開発

2022.06.15

論文のページを更新しました。

2022.06.09

第35回(2022年度)独創性を拓く 先端技術大賞受賞者の発表がありました。 今西正幸准教授、宇佐美茂佳助教他5名が、 第35回(2022年度)独創性を拓く 先端技術大賞 社会人部門にて特別賞を受賞しました。
受賞対象課題名:「Naフラックス法とOVPE法を組み合わせた高品質・大型GaN結晶成長技術 ~脱炭素社会化に貢献するGaNデバイスの普及を目指して~」

2022.06.06

【プレスリリース】世界最大6インチサイズ・高品質のGaN結晶を創製! -省エネ・高性能・低コストのGaNトランジスタを社会実装へ- 大阪大学工学部/大学院工学研究科

2022.05.31

森勇介教授、他5名が令和4年度全国発明表彰にて「未来創造発明奨励賞」を受賞しました。 (大阪大学は4年連続の受賞となります)

2022.05.18

Ricksen Tandryo君(D2)が第19回(応用物理学会春季学術講演会2022)Poster Awardを受賞しました。 対象講演題目は「Naフラックス法における窒素脱離特性を活用した微小GaN種結晶上の核発生成進」です。

2022.04.21-22

中島君(D2)、藤原君(M2)、Bhavpreetaさん(M1)、鷲田君(M1)がThe 9th International Conference on Light-Emitting Devices and Their Industrial Applications (LEDIA2022)@Pacifico Yokohama, Kanagawa, Japan & Onlineにて口頭発表を行いました。
また、鷲田君、Bhavpreetaさんは Student's Paper Award として “Yamaguchi Masahito Award”を 受賞いたしました。

2022.04.18

B4として6人の新しいメンバーを迎えました。
小野 雄河君、 片岡 義博君、白石 智裕君、関根 将志君、住谷 優君、渡辺 泰生君の6名です。 よろしくお願いします。

2022.04.04

M1として3人の新しいメンバーを迎えました。
相原 正実さん、北野 春来君、野口 凌君の3名です。よろしくお願いします。

2022.04.01

新年度が始まりました。

2022.03.22-26

第69回応用物理学会春季学術講演会(The 69th JSAP Spring Meeting 2022) @青山学院大学 相模原キャンパス)&オンライン開催にて 森勇介教授、今西准教授、宇佐美助教、RICKSEN君(D1)、清水君(M2)、前垣君(M2)、鷲田君(B4)が 口頭発表を行いました。

2022.03.24

卒業式が行われ教授室にて記念写真の撮影をしました。
釣さん(D3)が菅田-Cohen賞(博士)を受賞しました。
清水君(M2)が菅田-Cohen賞(修士)を受賞しました。

2022.03.15

環境省「GaN技術による脱炭素社会・ライフスタイル先導イノベーション事業」における 豊田合成株式会社と森研究室の共同研究による成果が報道発表されました。
~次世代パワー半導体向け「GaN基板の大口径化」に成功~
詳しくはここから↓
環境省報道発表資料
豊田合成 ニュース/お知らせ
semiconductorTODAY

2022.03.11

丸山准教授が研究テーマ:「尿路結石症、骨リモデリング、血管石灰化など結晶相転移が関わる バイオミネラルの結晶成長機構解明とその制御」で「第1回 花王Crescent award」に選ばれました。

2022.03.02

2018年度 第1回 兵庫・関西キャタピラーSTEM賞受賞者として、丸山准教授の 紹介動画がCaterpillar Inc.で公開されました。

2022.02.17

論文のページを更新しました。

2022.01.11

丸山准教授が第1回 テクノアリーナ フォトニクス・センシング工学グループ交流フォーラム@大阪大学にて発表しました。

森ゆ研 公式twitter

本アカウント宛のご意見やご質問などのTweetについては原則としてお答え致しませんので、ご了承下さい。

環境省Youtubeチャンネルのお知らせ


GaNが拓く未来
―CO2削減を実現するキーデバイス― 本編

https://www.eng.osaka-u.ac.jp/prospective/introduction-research/550/


GaNが拓く未来
―CO2削減を実現するキーデバイス― ダイジェスト版

https://www.youtube.com/watch?v=5Xj7Dyt1wz0

気候変動の原因の一つであるCO₂を大幅に削減!
小さな結晶【GaN】(窒化ガリウム) に秘められた可能性を
一緒に見ていきましょう。


■ナビゲーター:前田敦子 (本編のみ出演)
■ナレーター :加藤美由紀
■制 作   :環境省 (2020年度)

名古屋大学の天野浩教授、当研究室の森勇介教授も出演しております。

本マテリアルイノベーション領域では、将来の環境問題、高度情報化社会、並びに高齢化社会の課題を解決するために鍵を握る マテリアルにおけるイノベーション創出を目指し、特にAI製造に必須な光学結晶、5G/パワーデバイスに不可欠な窒化物半導体結晶、 病気を予防する生体化合物結晶に関する教育と研究を行っています。

私たちの研究室では、基礎研究から産学連携・ベンチャー創生による実用化までを実践することで、 研究者の養成と機能性材料の研究開発による社会貢献を目指しています。

In this material innovation area, we aim to create innovations in materials that are the key to solving the problems of future environmental problems, advanced information society, and aging society. In particular, we are conducting education and research on optical crystals that are essential for AI manufacturing, nitride semiconductor crystals that are essential for 5G/power devices, and biological compound crystals that prevent diseases.

In our laboratory, we practice from basic research to industry-academia collaboration and practical application through venture creation. We aim to contribute to society through the training of researchers and the research and development of functional materials.

研究内容

RESEARCH

機能性材料研究開発

Development of a functional material

CLBO

機能性材料研究開発

Development of a functional material

GaN

結晶の多形制御

Polymorphism in crystals

プロジェクト

PROJECTS

入試情報

ADMISSIONS

大阪大学工学部/
大学院工学研究科の研究紹介

電気電子情報工学専攻

心理学的アプローチによる創造力の活性化

https://www.eng.osaka-u.ac.jp/prospective/introduction-research/550/

書籍のご案内

理系女性のライフプラン

編:丸山美帆子/長濱祐美
アドバイザー:大隅典子