大阪大学大学院工学研究科 電気電子情報通信工学専攻 電子工学部門 創製エレクトロニクス材料講座 マテリアルイノベーション領域

プロジェクト

PROJECTS

私たちにとって、これからの「低炭素社会」、「高度情報化安全安心社会」、「高齢化社会」をどのように迎え、どのような社会にしたら幸せに生きていけるのか、 真剣に考えることが大切になります。
厳しい国際競争の中で、資源の無い日本が世界の中で、豊かな国、尊敬される国、住んで楽しい国であり続けるには、技術力で世界をリードすることが重要となります。
これまでの成功例である半導体産業では、シリコン結晶化技術やデバイス作製プロセス技術において日本は世界一となり、「電子立国日本」・「Japan as No.1」と言われていました。
このように、基幹・基盤技術で世界一となることが、その関連分野・産業をリードする最もシンプルで強力な戦略です。
詳細は下記の研究内容で述べますが、これからの低炭素社会、高度情報化安全安心社会、高齢化社会での技術革新においては、機能性材料の研究開発が成功の鍵を握ります。私たちの研究室では、機能性材料の研究開発による社会貢献を目指しています。

It is important to think about how we can live happily in the coming "low-carbon society," "advanced computerized, safe and secure society," and "aging society."
Leading the world in technological prowess is important for Japan to remain a rich country, a respected country, and a country where people can live and enjoy themselves in the face of severe international competition.
In the semiconductor industry, Japan became the world's number one in silicon crystallization technology and device manufacturing process technology, and was said to be "Electronic country Japan" and "Japan as No.1".
In this way, becoming the world leader in core and basic technologies is the simplest and most powerful strategy that leads the related fields and industries.
The details of the research are described below, but in the future technological innovation in a low-carbon society, an advanced information-oriented safety and security society, and an aging society, research and development of functional materials will be the key to success. Our laboratory aims to contribute to society through the research and development of functional materials.

進行中の
プロジェクト

Projects in process

研究期間が終了した
プロジェクト

Projects whose research period
has ended

研究能力とビジネス感覚を磨き上げる
画期的な方法を導入

Introducing a revolutionary method
to improve research ability
and business sense

進行中のプロジェクトProjects in progress

研究種目:挑戦的研究(萌芽)

毒性ガスフリーのOVPE法による高品質酸化ガリウム結晶成長技術

Growth technique of high quality gallium oxide crystal by toxic gas-free OVPE method

研究代表者 (Principal Investigator):今西 正幸 IMANISHI Masayuki

研究期間 (Project Period):2021.7.9 - 2023.3.31

関連サイト

https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-21K18910/

研究種目:若手研究

極低抵抗・低転位密度自立基板を利用した窒化ガリウムにおける大規模伝導度変調制御

Large-scale conductivity modulation control in GaN using an ultra-low resistivity, low dislocation density free-standing substrate

研究代表者 (Principal Investigator):宇佐美 茂佳 USAMI Shigeyoshi

研究期間 (Project Period):2021.4.1 - 2024.3.31

関連サイト

https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-21K14210/

研究種目:共同研究(伊藤忠プラスティック株式会社)

OVPE法によるエピタキシャル結晶成長技術の研究

Epitaxial crystal growth technology using OVPE method

研究代表者 (Principal Investigator):森 勇介 MORI Yusuke

研究期間 (Project Period):2021.4.1 - 2022.9.30

研究種目:基盤研究(A)

OVPE法による超低抵抗・厚膜GaN結晶成長技術

Ultra low resistance thick GaN crystal growth technology by OVPE method

研究代表者 (Principal Investigator):森 勇介 MORI Yusuke

研究期間 (Project Period):2020.4.1 - 2023.3.31

関連サイト

https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-20H00352/

研究種目:基盤研究(B)

酸化ガリウムを原料とした
気相法による低転位GaN結晶の厚膜成長技術開発

Development of thick film growth technology for low-dislocation GaN crystals by vapor phase method using gallium oxide as a raw material

研究代表者 (Principal Investigator):今西 正幸 IMANISHI Masayuki

研究期間 (Project Period):2020.4.1 - 2023.3.31

関連サイト

https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-20H02639/

研究種目:共同研究(株式会社ミズホ)

低反りGaN結晶両面研磨技術の研究開発

Development of a polishing technique for low-curvature GaN crystals

研究代表者 (Principal Investigator):森 勇介 MORI Yusuke

研究期間 (Project Period):2020.2.1 - 2023.3.31

研究種目:挑戦的研究(萌芽)

隕石学および結晶成長学的戦略に基づいた
尿路結石の分析手法の開発

Development of urinary stone analysis method -Based on meteorite science and crystal growth strategies-

研究代表者 (Principal Investigator):丸山 美帆子 MARUYAMA Mihoko

研究期間 (Project Period):2019.6.28 - 2022.3.31

関連サイト

https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-19K22965//

研究種目:共同研究(合同会社フロンティアアライアンス)

高品質窒化ガリウム単結晶基板の開発と
市場価値評価に関する共同研究

Development of a high-quality GaN single crystal and collaborative research on market value assessment

研究代表者 (Principal Investigator):森 勇介 MORI Yusuke

研究期間 (Project Period):2019.4.1 - 2022.3.31

研究種目:助成金(コニカミノルタ株式会社)

尿路結石形成機序解明に向けた構成結晶相と
含有有機分子の二次元マッピングに関する研究

Two-dimensional mapping of constituent crystalline phases and contained organic molecules for elucidation of urolithiasis mechanism

研究代表者 (Principal Investigator):丸山 美帆子 MARUYAMA Mihoko

研究期間 (Project Period):2019.3.7 - 2022.3.31

関連サイト

https://www.konicaminolta.com/jp-ja/newsroom/2019/0131-01-01.html

研究種目:助成金(資生堂女性研究者サイエンスグラント)

光で作る薬剤候補物質の結晶多形に関する研究

Polymorphism control of drug candidates by light (femtosecond laser)

研究代表者 (Principal Investigator):丸山 美帆子 MARUYAMA Mihoko

研究期間 (Project Period):2018.6.7 -

関連サイト

https://corp.shiseido.com/jp/news/detail.html?n=00000000002461

研究種目:共同研究(株式会社ウェルマー)

電気泳動リアルタイム観察装置の研究開発

Research and development of real-time electrophoresis apparatus

研究代表者 (Principal Investigator):森 勇介 MORI Yusuke

研究期間 (Project Period):2017.5.1 - 2022.3.31

研究種目:共同研究(合同会社フロンティアアライアンス)

CLBO, CBO, DAST結晶の高品質化と
市場価値評価に関する共同研究

Joint research on high quality and market value evaluation of CLBO, CBO, DAST crystals

研究代表者 (Principal Investigator):森 勇介 MORI Yusuke

研究期間 (Project Period):2016.4.1 - 2022.3.31

研究種目:共同研究(株式会社創晶超光)

無機非線形光学結晶CLBOの高均質・大型化に関する研究

Study on high homogeneity and large size of inorganic nonlinear optical crystal CLBO

研究代表者 (Principal Investigator):森 勇介 MORI Yusuke

研究期間 (Project Period):2016.4.1 - 2022.3.31

研究種目:環境省 未来のあるべき社会・ライフスタイルを創造する技術イノベーション事業

高品質GaN基板を用いた
超高効率GaNパワー・光デバイスの技術開発とその実証

Development of GaN power/optical devices with extremely high efficiencies on high-quality GaN substrates and their application to practical systems[MOE]

研究代表者 (Principal Investigator):森 勇介 MORI Yusuke

研究期間 (Project Period):2014.4.1 - 2022.3.31

研究種目:共同研究(株式会社創晶)

タンパク質結晶育成技術の開発

Development of protein crystallization technology

研究代表者 (Principal Investigator):森 勇介 MORI Yusuke

研究期間 (Project Period):2016.4.1 - 2022.3.31

研究種目:共同研究(株式会社ニコン)

高出力193nm用CsLiB6O10の開発と紫外応用に関する研究・教育

Research and education on development of CsLiB6O10 for high power 193nm and UV application

研究代表者 (Principal Investigator):森 勇介 MORI Yusuke

研究期間 (Project Period):2016.4.1 - 2022.3.31

研究種目:共同研究(KLA Corporation)

CLBO Crystal Improvement

CLBO Crystal Improvement

研究代表者 (Principal Investigator):森 勇介 MORI Yusuke

研究期間 (Project Period):2005.10.1 - 2021.9.30

研究期間が終了したプロジェクトProject research period has ended

研究種目:共同研究(伊藤忠プラスチックス株式会社)

NaフラックスGaN結晶上のOVPE-GaN成長技術

Oxide Vapor Phase Epitaxy (OVPE) GaN crystal growth on a seed GaN wafer fabricated by the Na-flux method

研究代表者 (Principal Investigator):森 勇介 MORI Yusuke

研究期間 (Project Period):2016.4.1 - 2021.3.31

研究種目:共同事業(ダイキン工業株式会社)

ダイキン工業・包括連携契約による研究環境整備経費

DAIKIN Industry/Comprehensive Collaboration Agreement Research Environment Maintenance Expenses

研究代表者 (Principal Investigator):丸山 美帆子 MARUYAMA Mihoko

研究期間 (Project Period):2020.4.1 - 2021.3.31

研究種目:受託研究(ALCA)

GaN結晶育成・加工技術の研究開発

Development of protein crystallization technology

研究代表者 (Principal Investigator):森 勇介 MORI Yusuke

研究期間 (Project Period):2012.10.1 - 2020.3.31

研究種目:基盤研究(B)

フェムト秒レーザーが拓く結晶多形制御技術

Polymorphism contorol of pharmaceutical organic compounds based on the physical principal clarified by a femtosecond laser

研究代表者 (Principal Investigator):森 勇介 MORI Yusuke

研究期間 (Project Period):207.4.1 - 2020.3.31

関連サイト

https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-17H02774/

研究種目:共同研究(株式会社創晶)

タンパク質結晶育成技術の開発

Development of protein crystallization technology

研究代表者 (Principal Investigator):森 勇介 MORI Yusuke

研究期間 (Project Period):2016.4.1 - 2020.3.31

研究能力とビジネス感覚を磨き上げる
画期的な方法を導入

Introducing a revolutionary method to improve research ability and business sense

 研究は誰も成功していないことや、誰も到達できていないレベルに挑戦することです。ですので、自分には出来ないという思いがあると途中で諦めてしまいます。諦めずに元気に難問に挑戦するためには、自分には出来ないという思いを解消することが大切です。本領域では、マイナスの思いの原因となるトラウマを解消する心理学の技術を導入しています。この心理学の技術により研究能力が向上します。
 企業の目的は顧客創造であると言われていますが、ビジネス感覚を養成するには、自分の研究テーマを良く理解して、将来の顧客をイメージできることが必要になります。その能力を磨けるように、森教授は自分のベンチャー起業の経験を生かして、電気電子情報通信専攻にイノベーションデザインコースを設置いたしました。このコースでは、OKRというインテルで考案され、Googleの発展を支えた手法、並びにジョブ理論というハーバードビジネススクールで考案され手法を使って、学生さんが自分自身の研究を社会実装するイメージを創り出す訓練をします。その訓練によってビジネス感覚が身に付きます。

Research is trying to do something that no one has done. Therefore, if I have a trauma that I cannot do, I will give up on the way. In order to challenge difficult problems without giving up, it is important to eliminate the trauma that you cannot do. In this area, we have introduced psychological techniques to eliminate trauma that causes negative thoughts. This psychological technique enhances research ability.
The purpose of the company is to create customers. In order to develop a business sense, it is necessary to be able to imagine the customer of your research theme. In order to hone his ability, Professor Mori established an innovation design course in the Department of Electrical and Electronic Information and Communication based on his experience of starting a venture business. In this course, students are trained to create an image of social implementation of their own research by using the technique devised by Intel called OKR and supporting the development of Google, and the technique devised by Harvard Business School called Job Theory. The training will give you a sense of business.