ホーム > プロジェクト

   私たちにとって、これからの「低炭素社会」、「高度情報化安全安心社会」、「高齢化社会」をどのように迎え、どのような社会にしたら幸せに生きていけるのか、 真剣に考えることが大切になります。厳しい国際競争の中で、資源の無い日本が世界の中で、豊かな国、尊敬される国、住んで楽しい国であり続けるには、技術力で世界をリードする ことが重要となります。これまでの成功例である半導体産業では、シリコン結晶化技術やデバイス作製プロセス技術において日本は世界一となり、「電子立国日本」・「Japan as No.1」 と言われていました。このように、基幹・基盤技術で世界一となることが、その関連分野・産業をリードする最もシンプルで強力な戦略です。詳細は下記の研究内容で述べますが、 これからの低炭素社会、高度情報化安全安心社会、高齢化社会での技術革新においては、機能性材料の研究開発が成功の鍵を握ります。私たちの研究室では、機能性材料の研究開発による 社会貢献を目指しています。


森  勇 介


低炭素社会における機能性材料研究開発

   低炭素社会に不可欠な省エネルギー技術として、発光ダイオード固体照明とガソリンエンジンやディーゼルエンジンのハイブリッド化技術がありますが、これらの技術の 実用化には、窒化ガリウムGaN等のワイドギャップ半導体の高品質結晶化技術開発の成否が鍵を握ります。当研究室では「Naフラックス法」や「OVPE法」という全く新しいGaN結晶の育成方法を 開発し、世界で最も高品質なGaN結晶育成に成功しています。このような新しい結晶育成技術の実用化を目指し、環境省の省エネプロジェクト、科学技術振興機構のALCAプロジェクト、 文部科学省のGaN拠点プログラムをはじめ他大学や10社を越える様々な企業との共同研究によって推進しています。

高度情報化安全安心社会における機能性材料研究開発

   高度情報化安全安心社会に貢献している半導体微細化技術において、リソグラフィー用フォトマスクの欠陥検査、シリコンウエハ上のナノ微粒子検出の進化が求められています。 これらの技術革新では全固体の短波長紫外レーザー光源が必要となっています。当研究室では「CsLiB6O10(CLBO)」という全く新しい波長変換結晶を発見・開発し、世界で最も高出力な 短波長レーザー光発生に成功しています。CLBOを搭載したレーザーは既に世界中で普及し始めていますが、今後さらに高出力な光源の開発と新しい分野での応用に向け、最先端分野では結晶の高品質化 (レーザー損傷耐性の向上)が求められています。当研究室ではこの産業上極めて重要な波長変換結晶の高品質化とその実用化を目的として、国内外の大学や民間企業との共同研究を推進し、2016年には CLBO結晶の製造販売に向けて㈱創晶超光を起業しています。

高齢化社会における機能性材料研究開発

   高齢化社会に向け、新規創薬の分野でターゲットタンパク質を結晶化して構造解析を行うことが求められています。当研究室ではレーザー照射により結晶核を発生させ、溶液攪拌により 高品質大型結晶化を実現するという、従来の概念とは全く異なる新しいタンパク質結晶化技術を開発しました。これらの基盤技術を創薬分野へ展開、貢献することを目的とし、2005年にはタンパク質結晶化 受託事業を行う大学発ベンチャー「株式会社創晶」が当研究室から起業しています。また、医薬品化合物は有機低分子が結晶化したものですが、分子配列の異なる多形が存在するものが多く、それぞれ製造工程、 薬効が大きく違うことが問題になります。当研究室ではタンパク質等で培った結晶成長技術を応用し、準安定相の結晶多形を選択的に晶出させるような新技術の開発にも取り組んでいます。結晶多形の制御を進め、 様々なバイオ医療系の研究機関・企業と連携しながら研究開発を推進しています。

メンタルトレーニングによる研究開発能力向上

株式会社創晶應心:心理カウンセリングやイノベーション支援、應心カウンセラーの養成などを事業の柱とする大阪大学発ベンチャー

阪大発VBの創晶、カウンセリング会社設立(日刊工業新聞の記事)【関連ページ】
心理学的アプローチによるプロジェクト活性化【PDF】
産学連携の失敗リスクを排除「心理療法」で異分野連携促進【PDF】

創晶プロジェクト

株式会社創晶:革新的な結晶化技術により創薬を支援する大阪大学発ベンチャー

第22回半導体・オブ・ザ・イヤー2016にてグランプリ(半導体用電子材料部門)受賞【関連ページ】
大学発ベンチャー表彰2015にて文部科学大臣賞受賞【関連ページ】
第44回市村学術賞にて功績賞受賞【関連ページ】
平成20年度科学技術分野の文部科学大臣表彰にて科学技術賞(研究部門)受賞【関連ページ】
第5回日本バイオベンチャー大賞にて大阪科学機器協会賞受賞【関連ページ】
第1回モノづくり連携大賞にて特別賞受賞【関連ページ】
第20回(2006年度)独創性を拓く 先端技術大賞にて特別賞受賞【関連ページ】
第4回産学官連携功労者表彰にて科学技術政策担当大臣賞受賞【関連ページ】
2006年(第16回)日経BP技術賞の大賞受賞【関連ページ】
第5回バイオビジネスコンペJAPANにて最優秀賞を受賞【関連ページ】

〒565-0871大阪府吹田市山田丘2-1 大阪大学大学院工学研究科電気電子情報工学専攻
電気系E6棟E216 (森教授室) / E6棟E211/212(研究室居室)
TEL: 06-6879-7705/7706/7707 / FAX: 06-6879-7708